ジャンダルム

奥穂高岳~ジャンダルム~西穂高岳縦走

奥穂高岳から西穂高岳へのジャンダルム縦走を1泊2日で行こうと意気込んで出かける。昨年は屏風の頭で遊びすぎ、又涸沢で1杯ならぬ何杯か飲みすぎ奥穂高山荘までたどり着けず、リタイヤ。  で今年はリベンジ。
途中で遊ばず真面目に山荘まで一気に上る。
天候もよく、皆快適に初日を終え縦走に備え早く就寝。

画像




画像
快晴の朝、穂高山荘よりご来光に礼拝。旅の安全を祈願し、出発。(5:00)
画像
馬の背からジャンダルムへの稜線(奥穂高岳より望む)


画像
先ずは奥穂高岳山頂で出発前のご挨拶。

画像
朝陽を浴び馬の背を行く。(6:30)
画像
馬の背の細い岩稜を慎重に歩を進める。楽しい(^.^)

画像
馬の背全景。コースの中でも1,2を競う緊張感のでる処。

画像
ジャンダルムへの岩稜のトラバース。


画像
ジャンダルム直下より垂直にそびえるピークを見上げる。


画像
今回は直登するが途中1箇所ハングぎみで嫌らしい。

画像
天使の舞うジャンダルム頂。バックの奥穂高岳が雄大。

画像
ジャンダルムの頂より槍ヶ岳を遠望。

画像
稜線上からまだまだ遠い西穂高岳、間の岳を望む


画像

乗鞍岳、御嶽山。

画像
天狗の頭下(コル)岳沢への分岐。(天狗沢)此処で大休憩。天気が良いので嬉しい。

画像
天狗岳山頂。(10:00)此処からの展望は最高。
画像
天狗岳よりジャンダルム方面。辿ったルートを振り返る。
これからジャンダルム方面へ向かう単独者。


画像
岩屑の山間の岳2907m、後に西穂高岳2908m(天狗岳山頂より)

画像
天狗岳からは逆層スラブ。

画像
スラブの下り。雨で濡れると大変滑るので要注意箇所。
画像
もうじき西穂高岳。稜線歩きも終盤。


画像

西穂独標。此処まで来るとほぼ終了。後はロープウエイ乗り場へ降るのみ。バンザーイ!!!(13:00)                                                                                            =END=
  
 *山行日:2007年8月18日~19日
 *コース:上高地→涸沢→穂高岳山荘(泊)→奥穂高岳→ジャンダルム→天狗岳→西穂高岳→新穂高温泉。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック